医師になってもまだ

医師の年収とやりがい

トップ

医師の年収と遣り甲斐について

普通の人から見れば、医師の年収はすごく高いイメージです。実際、開業医は、他の、大学病院や市中病院の勤務医に比べ、1000万円から2000万円の差があります。しかし、開業医の場合、新設時は、高額の医療機器を購入する必要があり、軌道に乗るまで、勤務医と同じくらいか、それ以下になる場合があります。また、勤務医の場合、研修医の頃は、一般企業の社員並みの給料の場合が多いですが、年齢を重ねるごとに、一般社員よりも、年収は増えると言っていいでしょう。激務に対して、それほど給料がいいとは言えない医師ですが、人助けをする点で、遣り甲斐がある仕事です。

医師 転職をご希望の方に役立つサイトです。
年収UPと家族との時間の両方を手に入れた方が大勢います。希望の勤務地や役職で探せます。サポートも万全です。

医者の年収の差について

医師といえば、年収が高いというイメージがあります。しかし実際には勤務をする医療機関によっても大きな差が生まれてくるのです。高額の報酬を受けるというのは、ごく一部なのです。大きな病院で勤務医として仕事をしていれば、一般的な会社員と大差ないということになってしまいます。それでも定期的な休みを取ることができないということもあるので、労働は過酷なのです。医師で年収を高くしたいと思っている場合には、その道のプロにならなければいけません。頼ってわざわざ足を運ぶ患者さんがいるような存在にならなければ、難しいのです。